パンが大好きでたまりません

私は昔からパンが大好きです。
子供の頃、自宅にはオーブンがありませんでしたので自宅でパンを焼くということができませんでした。
しかしオシャンティな母親は、毎回パン屋でちゃんとしたパンを購入して私たちに与えてくれたのです。
当時はスーパーで販売しているパンは添加物満載でパサパサとしており、パンのよいニオイなど一切しないようなものがとても多かったのです。
しかし百貨店やパン屋ではちゃんと良いニオイのする出来立てのパンを販売しており、パン屋の前を通るだけで幸せな気分になったものです。
そんな私も大人になり、自宅でパンを作ろうとオーブンを購入してみました。
最初はうまくいきませんでした。
水加減やこねる加減などが難しく、パン屋ってすごいんだな、もっときちんと味わって食べないと、と大人になってから思ってしまいました。
自宅で作れるパンの種類にも限度があり、なんだかんだで専門店で購入したパンが一番おいしいじゃん、という結末になってしまい、オーブンはいまや無用の長物になってしまいました。引越しを見積もりする